uiti

暗号通貨、VR/AR、工作について書いていきます

Medicalchain のテレグラムチャットから。

下記はテレグラムのチャットをグダグダに訳したものです。

Sami と Omarのチャット

sami:医療機器の会社をアメリカでもっているよ。だれか僕をさそってくれないか、メディチェに。(投資する、協力関係を気づくという意味かな)

Omar:メディチェはblockchainを使ったプラットフォームだよ。

患者にEHR(デジタル医療記録)のアクセスを与える。患者は遠隔医療の利用したときにもEHRを使える。メディチェのEHRはブロックチェーンを通じてこれらの相互作用のなかで利用される。

患者は、スマホから完全に自分たちの記録にアクセスできる。そして患者の医療サービス体験を向上させる。そして医療記録はあなたの受診行為から即座にアップデートされる。

これらが、簡単なプロジェクトの概要です。

より詳しくは下記。

メディチェは患者に完全なEHRを提供する。過去の受診履歴、処方箋。そして医療的な画像や、検査結果にアクセスできる。今はこういった記録はいろんな場所にバラバラに保管されている。だから患者はメディチェを通して文字だけじゃなくあらゆる医療記録(カルテ、画像、検査結果)をみれるんだ。それは、診察のために患者の医療専門家に時間制限付きアクセスを与えることができるようになります。つまりメディチェはリアルタイムにアップデイトされる細分化されていない統一された医療記録になる予定。

あなたがどこにいてもそれは問題ではない。貴方はいつでもどこでも、最新の自分の記録を持てるよ。最後のピースは、患者の医療体験をエンハンスするためのサービス開発を開発者に許可する。

 

Sami:OK, 僕がMRIの撮影をしたら、メディチェはどうやってその画像を医療記録としてアップデートするの?メディチェはどうやって各ローカル病院から医療記録をゲットすんのよ?

 Omar:メディチェの市場戦略はボトムアップだ。患者側からという意味カナ。患者はアプリをダウンロードして、患者はメディチェが患者の医療記録を関連のある機関から集めることに同意する。一度許可がでれば、データベースに患者のEHRをメディチェプラットフォームに追加するよ。地域によっていろいろの商習慣や医療システムがあるからメディチェは地域のエキスパートをずっと探し続けている。各市場に進出するためにね。そ、MRIのケースは貴方の同意のもとMRIの画像情報はメディチェプラットフォームに統合されるよ。そしたら、いつでもどこからでもアクセスできる。

sami :メディチェは毎回手動で医療記録を患者の同意のもとに統合していくの?

紙のカルテがいまだ主流なのに。どうやってより簡単にその過程をしていくつもり?

誰かが、CPAPを私の会社から受け取ったら、どうやってメディチェにその情報をのせるの?説明してよ。患者が記録を要求した場合、その要求に関連する料金がかかりますか?

Omarl:あなたの質問はいくつかある。もし私の回答が完全でなけば許して。後で回答する。紙のカルテは時代遅れで、広範囲なユースケースにおいて貴方の心配事は正しい。

まず、明確なのはボトムアップアプローチで、もし患者が医療記録をメディチェにのせたいなら、私たちは患者の同意のもと各機関に医療記録をメディチェに統合するように要請する。

私たちには別のアプローチもある。私たちは病院や医療機関といっしょに進めている。患者の同意のもとすべての患者の医療記録がメディチェプラットホームに統合されるよ。これは一例だけどね Groves Medical Group での試験運用は7月に始まるよ。リンクを参照してね。

article1

https://t.co/1N5jwrgp4f

article2

https://cointelegraph.com/news/uk-medical-group-partners-with-blockchain-platform-for-medical-records-for-pilot-program

この二つを要約すると

the GrovesはUKで最初の下記をお病院

1ヘルケア分野で初めてブロックチェインを使う

2暗号通貨での支払いを認めた。

私たちは 多分 医療系のブロックチェーンで患者の登録をとった唯一のぷらとっフォームです。

Omar: 上のポストからわかるように、私たちは、医療記録をメディチェに統合させたい患者と、患者にメディチェサービスを提供したい医者の興味や関心を測定しています。

Samiあなたの会社からの患者はメディチェに登録する。んで、患者の医療記録を要請する同意を私達に与える。その後は患者のEHRをメディチェプラットフォームに統合させるよ。

 Sami: 僕はずっと病院からの医療記録を転送作業を処理してきた。それは最悪の経験だよ。スタッフを雇って、教育するのはめちゃ手間がかかる。医療機関から医療記録の要請することは手続きがめちゃスムースにいっても数日かかる。

私の同僚はアメリカのHIPPA医療情報分野の弁護士グループの一人で

私は彼をあなたのチームにコンタクトさせたい。have him pick yall brain.(よくわかんなかたtw)。どんな関係が気づけるかな。

※HIPPA(Health Insurance Portability and Accountability Act)とは、「医療保険の携行と責任に関する法律」と直訳でき、2003年4月にアメリカで発効された、医療情報の電子化の推進とそれに関係するプライバシー保護やセキュリティ確保について定めた法律です。

 

Omar: 貴方は医療分野のシステムについて正しい知識をもっている、。だから私はメディチェについて楽観的な絵は思い浮かべないよ。あなたは協力関係とチャレンジについて知っている。

私たちのゴールは患者が自身の医療記録をもつこと、どこにいてもその医療記録を利用できることでは、これらは本当にやる価値があるよ。2018年はメディチェが前進するときだよ。sami私はあなたと話せてハッピーだ。iあなたとの協力については、私はPMに貴方にコンタクトさせる、実際の会話に移行しよう。

 

sami: 医療提供者と医療記録の interoperability 相互運用性 を持つことは持ったその日から問題だ。医療機関との連携で間違ったアプローチは絶対に機能しない。私は多くのEHRの開発者をしっている。EHRの開発会社にメディチェのアプリをライセンスすることは問題解決(医療機関からメディチェプラットフォームにどうやって医療記録を統合すんの?)良いやり方です。そしてEHR関係の会社はセキュリティー問題に直面しているよ。

Omar :なぜ私たちは市場へのアプローチを目標にしているのか、患者を私たちのプラットフォームに乗せるための正しいアプローチについては、さまざまな医療システム(ロードマップ)を見てきました。

あなたは私たちにあなたの医療記録を回収する明示的な教えを提供した、私たちは患者のメディチェEHRを移行させる。患者が同意を破棄するまでね。

これはメディチェのEHRへのアクセスに遅延が発生することは無い。なにしたって私たちは医療記録データの吸い上げ、標準化、移行をやっていく。一度統合されれば、患者の本当の医療記録になる。

法律面についてEUの一般データ保護法(個人情報)は確かに私たちの良い風。医療記録の所有者は患者である。患者は患者の思うようにデータを好きなところ置ける。患者自身の許可のもと。サードパーティ医療機関)は法律上 患者の要求を拒否できない。だからサードパーティーがGDPR,HIPPAを順守するだろうと確信している。私たちはIGツールキットも完成させています(情報ガバナンス - たとえば英国の要件)。 私たちが遵守しなければならない他の規則は、私たちがアーキテクチャを変更する必要があるかどうか、または他の手段によって、我々が準拠していることを確認します。

実行可能な解決策を得るためには、すべての法的要件に準拠する必要があります。 これには、IG Toolkit、Cyber Essentials、ISO 27001が含まれます。現在、コンプライアンスを達成するためにIGと協力しています。これはうまく進んでいます。 これらのことには時間がかかりますが、いったん準備が整ったら証明書とステータスが確認され、採用が簡単になります! このプロジェクトのこの要素は、常にバックグラウンドで進行中であり、Dave Ebbittが指揮しています。

しかしあなたはただし。EHRの転送ががカタツムリのように遅いスピードで行われている。ただそれは本当にシステムに依存しています。 例えば、上記で見たThe Groves Medical Groupのパイロットでは、EHRが統合されており、患者は同意した後、プラットフォームを通じてEHRにすばやくアクセスできます。