uiti

暗号通貨、VR/AR、工作について書いていきます

Medicalchain 21の強み

タイトル通り、Medicalchainの強みを箇条書きであげていく

  1. イギリスのNHS(Natinal Health Service)と協力しながら進めている。
  2. NHSの予算21兆円(NHSはイングランドスコットランドウェールズ北アイルランドに分かれている)
  3. MedicalchainはNHSイングランドと協力している
  4. コイン発行枚数は5億(現状2.5億枚が市場に出ている)
  5. 世界で初めて医療系ブロックチェーンとして試験運用される
  6. 試験運用はロンドンのThe Groves Medical Group(30,000人の患者がいる)
  7. Medicalchainサービスを使用するたびにポンドと交換される。(イギリスで)
  8. ディレクターの一人、Rober Miller はMayo clinicの会長の息子のようだ
  9. Mayo clinic は全米で最も優れた病院のひとつ
  10. 現状は試験運用病院Groves の電子カルテシステムEMISとデータの連携がされている
  11. 単純なカルテ情報だけでなく、画像、処方箋、臨床結果、検査結果あらゆる情報を統合していく。医療情報そのものをブロックチェーンに載せるわけではない
  12. 将来的には保険の自動算定を考えている(あくまれ将来目標)
  13. 実際に病院で使われる世界初の暗号通貨になるだろう
  14. GRPRを盾に患者側に医療情報のアクセス、権利をもたせコントロールできるようになる
  15. EHRとブロックチェーンは相性がいい、これ重要
  16. open sourceではないので分裂のようなハードフォークは無いだろう
  17. 遠隔治療プラットフォームでもある。Myclinic.com
  18. 英語だけでないく、EHR情報は主要な言語には変換できる予定
  19. medicalchainの前身となるシステムはDr Albeyatti によって開発されQueen Elizabeth 病院などで採用され、コスト削減を達成している
  20. まずイギリスで本格採用、そのあとEUが現実的な道程
  21. まだバイナンスに上場していない!

以上でした。