uiti

暗号通貨、VR/AR、工作について書いていきます

直訳7日目 

www.coindesk.com

////////////////////////////////////////////////////////

RBI reserve bank india

formal 〔やり方が〕秩序だった、組織的な

deny 否定する 否認する

報告によると、インド準備銀行は否定した。AIとブロックチェインをリサーチするグループの”秩序だった創造” 

formal creation 正式な創設  手順に載っているという意味

ある報道によると、RBIはAIとブロックチェーン技術を研究するためのユニットの「正式な創設」を否定している。

 

//////////////////////////////////////////////////////////

clarification 説明 解明

suppose と思う 考える

emerge 水中暗やみなどから〕出てくる現われる 〔from,out of〕.

daft ばかなまぬけの; ばかげた.

possibly [文全体修飾して] あるいはことによると

コインクランチによる調査後の説明がでてきた。

現れたテクノロジーに対する”研究と可能性のある草案の規制”をすると考えられる委員会を設立したと中央銀行は噂されてから

set up 立てる、掲げる、あげる、据える

出現した新しい技術に対する研究、あるいは草案をつくるためユニットをセットアップしたと噂わされた

/////////////////////////////////////////////////////////////////

set up 設立した

cite 引用する 言及する あげる

effort 成果

委員会が作られたと思われる記事の中で エコにミックタイムズは中央銀行に近いと思われる二つの匿名のソースに言及している

しかしながら、コインクランチインディアの創業者のナミッシュ シャンギは 記事の内容を確認し、誰がその委員会にいるのなどについてより情報がを欲しいと提出した。

シャンギは9/26にそのレスポンスを受け取った。主張した内容は否定された。 

しかし、Coin Crunch Indiaの創設者であるNaimish Sanghviは、記事の主張を確認し、部署の責任者など、部署に関するより多くの情報を得ることを目的として、Right To Information(RTI)要求を出しました。

 

//////////////////////////////////

query 質問

インド準備銀行"公式にAIやブロックチェーンにを目的とした委員会で新しく作られたものは無い。"

と伝えた。

//////////////////////////////////

desirability 望ましさ好ましさ.

feasibility 実行できること可能性.

soften 弱まる 軟調になる。

form 形成する 結成する 組織する

shook  shakeの過去分詞

cease 〔+doing〕〈…するのを〉終える,よす,中止する 《★【比較】 cease doing は stop doing と同義》.

RBI中央銀行のデジタル通貨を紹介する望ましさと実現可能な研究と基準提供のための委員会を組織してきた間、暗号通貨の用途のスタンスは弱まっていない。

 

そのため、RBI

中央銀行のデジタル通貨を導入することの望ましさと実現可能性についての調査と指導を提供する」暗号使用に対する姿勢は、一般的には緩和されていないようです。

 

ローカルな暗号業界へ衝撃や交換業の取引中止の動向のなかで RBI.

 

 

 

 

/////////////////////////////

circular 遠回しの回りくどい間接的な.

halt 停止

issue 支給する交付する 〔to〕; 〈などに〉〔ものを支給する交付する 〔with〕.

そんな中で、4月にRBIは銀行に暗号通貨ビジネスの停止を遠回しにだした。

結果としてフィアット通貨の引き出しと預金が出来なくなった。取引所はコイン同士の交換だけに移行したが取引量はダメージを受けた。

In response to に応答して

response  反応感応反響

entity 存在 実在

petition 請願嘆願申請.

counter petition 

counter 反対の 反論

Suppreme Court 最高裁判所

counter petition 異議申し立て

cribdは、デジタルライブラリ、電子書籍、オーディオブック購読サービスであり、百万タイトルが含まれている。Scribdはそのオープン出版プラットフォーム上に6千万の文書をホストしている

 

この禁止令に応えて、取引所を含む様々な団体が、最高裁判所(SC)にいくつかの異議申立書を提出しました。

 

禁止、いろいろな存在、取引所にたいする反響は 反論意見ととしてfileされた。

最高裁判所で1つの案件にまとめられた。

聴講会であった延期されたケースは、直ぐに再開が良そうされていいるけれど。

 

それがまもなく再開されると予想されるけれども、最後の公聴会は事件が延期されるのを見ました。

 

 ----------------------------------------------------------------------------------------

ある報道によると、RBIはAIとブロックチェーン技術を研究するためのユニットの「正式な創設」を否定している。

Coin Crunch Indiaによる調査の後の明確化は、中央銀行が想定される単位を新興技術のための「調査および規則案」に設定したと噂されてから数週間後に起こります。

ユニットの想定される創造に関する記事の中で、Economic Timesは「中央銀行の計画に精通している」2つの匿名の情報源を引用しました。

しかし、Coin Crunch Indiaの創設者であるNaimish Sanghviは、記事の主張を確認し、部署の責任者など、部署に関するより多くの情報を得ることを目的として、Right To Information(RTI)要求を出しました。

Sanghviは9月26日、要求された努力を否定して返答を受けた。

RBIは言った:

「RTIクエリに記載されている目的のために、正式にRBIに作成された新しいユニット(Blockchain、Crypto、およびAI)はありません」。

そのため、RBIは「中央銀行のデジタル通貨を導入することの望ましさと実現可能性についての研究と指導を行うためのガイダンスを提供する」ためのユニットを形成しましたが、より一般的な暗号使用に対する姿勢は緩和されていません。

地元の暗号業界を揺るがし、取引所の取引をやめさせさえした動きの中で、RBIは4月に暗号通貨事業へのサービスを停止するために循環注文銀行を出しました。その結果、通貨の引き出しや預金の平準化が不可能になったため、取引所は暗号間取引で生き残るために動いていますが、取引量は増えています。

この禁止令に応えて、取引所を含む様々な団体が、最高裁判所(SC)にいくつかの異議申立書を提出しました。

それがまもなく再開されると予想されるけれども、最後の公聴会は事件が延期されるのを見ました。