uiti

暗号通貨、VR/AR、工作について書いていきます

意訳9日目

www.coindesk.com

日本の巨大IT企業のGMOは流行りのステーブルコインの開発発表をした。

2019年に日本円にペッグしたコインをローンチする予定。

bandwagon 傾向 流行の

GMOは火曜の発表会のなかで言った” GJYという問題解決したフルスケールな安定コインが開始されるだろう。ブロックチェーンの送金と決済業務分野への準備だ”

remittance 送金

settlement buissiness 決済業務

be issued 発行される

fiscal 年度

subsidary 子会社

GJYはZ.comを通して2019年度にアジア市場に向けて発行される。Z.comは

GMOによってローンチされた取引所で暗号通貨業への移行の広い動きの一部。

firm 会社 当社 商会

GMOは”GJYの紹介は私たちの暗号通ビジネスがGMOの私たちのマイニングファームからの決済取引と最近ローンチされたアオゾラ銀行と提携した国境を越えた決済業務のためのブロックチェーン技術に統合されているウェブバンクの二つの役に立つ” と加えた。

notable 著名な

flurry 疾風 突風 動揺

issue 発行する、交付する

 GMOはステーブルコインを発行する有名な企業の突風の最新で、

暗号通貨はいろんな方法で安定的な価格を維持しようとしている。

7月にIBMはステラプロトコルとUSドルとペッグしたトークンの共同開発をしていると明かした。そして先月取引所ジェミニ、スタートアップのパクぞスとサークルは既に取引されているUSドルにアンカーされた安定コインをアナウンスした。

GMOは日本円にペッグしたコインを提供する唯一の一社ではないだろう。

10億ドルベースの中国ファンド共同設立社たちのも、日本円にアンカーされたコインを9月の中頃に発表した。ローンチは2018年末は2019年の初期。