uiti

暗号通貨、VR/AR、工作について書いていきます

11日目訳

中国人民銀行ブロックチェーンテックと法令のエキスパートを募集している。独自の中央銀行デジタル通貨の開発をつづけるために。

火曜、いろんな雇用情報によると、中央銀行は目下のところ4つの職種、システム構築のエキスパートのエンジニア、チップデザイナー、ブロックチェーン開発者とアプリケーション開発者、暗号手法とセキュリティープロトコルデザインを雇用している。

 

職務内容には、エンジニアは法定通貨にリンクしたデジタル通貨、暗号手法とセキュリティーモデル、デジタル通貨取引の為の最終ポイントのチッププロセッサーの開発にせきにんがある。

 

implication 包含、含蓄、含み、裏の意味、連座、密接な関係、掛かり合い

economic implication 経済的影響

regulatory risk 規制リスク

potential 潜在的

さらに言えば、中央銀行はセントラルバンクデジタルカレンシーのローンチの法の側面と、経済的影響への研究の人材をブーストしたい。

中国人民銀行のラボは二人のエキスパートを募集している。

中銀通貨の課題への経済理論と財政機構を分析に特化した金融と経済のエキスパート。

double down ハイリスクハイリターンな選択

中国人民銀行はデジタル通貨のリサーチチームの規模を明らかにしていないが、去年の7月には結成されていた。政府から中央銀行にだされた新たに才能の獲得のシグナルは暗号通貨技術をコアにした元ベースの法定デジタル通貨を公表し開発する人民銀行の努力の上でハイリスクハイリターンです。

 

募集はコインデスクのレポートによる。中国人民銀行のデジタルカレンシーラボは40以上の特許を一年以内に申請している。人民銀行が絵が浮く壮大な絵の一部のアウトラインであう。

 

それぞれアプリケーションはデジタルカレンシーシステムにアスペクトされ、それぞれが一緒になった時、人民銀行は ピアツーピアの流行のなかでとりひきされストアーされるデジタルトークン課題を語るだろう。